失恋により、私は何かが欠落しているという自己嫌悪感が蘇る

出会った男性と付き合いが始まる前に終わってしまった(関連記事:最近楽しくなってきた恋愛が、あっという間に終わりを迎えた)私が送ったLINEでのメッセージがきっかけで彼を怒らせてしまったようだった。私から謝罪のメッセージを送ったものの返信は貰えなかった。

未練は持たず執着もしない…つもりだったけれど、やはり心はそう簡単には切り替わらず、女友達に相談をした。私の送ったメッセージがどんな風に悪かったのかを聞いたところ「このメッセージは言いたい事がよく分からないし誤解を与える。今すぐ電話をして誤解を解いた方がいい」と言われた。

電話と言われてもすでに遅い時間だったし、謝罪のメールにも返信を貰えていない状態だったので、翌日の朝「仕事が終わったら電話してもいい?」とLINEを送った。が、返信は無かった。

仕方ないので、短い文章で誤解である事を伝えるもやはり返信は無かった。3度もメッセージを送ってしまったので、相手もかなり鬱陶しがっていた事だろう。さすがに私ももう諦めた。

付き合っていたわけではないので、小さな失恋という感じで泣くほどではなかったはずなのだけれど、結局泣いた。彼を失った悲しさよりも、自分に対する情けなさの方が大きかった。恥ずかしい話だが食欲が湧かず、ぽっこりお腹がぺったんこになった。

彼があそこまで徹底して無視するほど私は酷い事を言ってしまったようなのだけれど、私には理解が出来ない。傷つける言い方をしてしまったのは分かった。何度も頭の中で自分と置き換えてシュミレーションしてみたら、分かった。けれど、そこまで徹底して無視をするほど嫌われた理由が分からない。その部分が私は欠落しているのか…と落ち込んだ。

本当に久しぶりに自分の性格で落ち込んだ。恋愛が出来ない私はどこかが欠落しているのだろうけれど、どんなところが欠落しているのかが分からない。仕事帰り、真っ直ぐ自宅には戻らずにひたすら歩いた。歩きながら考えた。けれど何も分からなかった。

私は自分が"普通"だとは思っていないけれど、そこまで酷い性格でもないと思っている。けれど実は結構問題があるのではないかと、そんな風に思ってしまっている。しかしどの辺がそれほど問題があるのかが分からない。

そして私の自己嫌悪感は落ちるところまで落ち「疲れた。降りたい。終わりたい」と、夜の駅前をトボトボと歩きながら思ってしまった。

たかが数回会っただけの男にフラれたからといって、ここまで落ち込む事ではないと思われるかもしれないけれど、私は過去にも何度か失敗をしており、その度に反省するものの、次の恋愛ではまた違うところで失敗をしてしまう。反省ばかりが増え、そして次にどこで失敗するか分からないので恋愛に怯えるようになる。

今回の事は、彼に問題があったんだと思いたい。私が悪いのではないと思いたい。そんな風にこのブログにメッセージをくれた方もいた。泣いたと言ってくれた方もいた。ありがたかった。

彼が悪かったのだと思う。きっとそうだと思う。そうであってほしい。彼の性格に問題があったのであってほしい。私は何も悪くなかった。そうであってくれないと、私は壊れてしまいそうだ。