結婚を諦めた後の恋愛は「こんな風に楽しめばいいのかな」と

先日、婚活サイトで出会った男性とランチ&初詣に行ってきた。前回と前々回は食事だけだったので、今回は初詣というオプションも付き、デートっぽい1日だった。

「カレーが美味しい店があるから、今日の食事はそこにしようと思うんだけど、どう?」と、行くお店を予め決めておいてくれたようで、こうして私の事を"女性"として扱ってくれている事を嬉しく思う。

そんな風に男性が積極的に動いてくれるのは最初だけなのかもしれないけれど、こうして"今の関係"を楽しむ事が出来ている自分に対して「少しは成長したかな」と思う。

30代前半の頃、私は結婚に焦っていた。早くマジョリティの仲間入りをしたくて結構必死だった時期がある。ただでさえ自分に自信が無いのに、その上、30代前半という年齢を逃してしまったら私の未来は間違いなく暗いと心底思っていた。

当時、付き合っていた男性がいたけれど私はフラれてしまった。早くプロポーズをして欲しくて、私の方からそれとなく結婚の話を出し、親への挨拶に行くというところまで推し進めたものの、その後すぐにフラれた。私の結婚に対する焦りが伝わり、彼は逃げ出したのだ。

その後、出会いはあったけれど上手くはいかなかった。「彼は草食系だから」と、私から積極的に誘ったりしていた。今考えてみれば、結婚に焦っている30代前半女性が積極的に迫ってきたら男性は後退りするだろう。私の気迫は相当怖かったに違いない。

そんなこんなで私の結婚はどんどんと遠ざかり、気が付けば「もういいや…」と諦めの境地に至っていた。

しかし30代前半で結婚出来ず、諦めの境地に至ったからこそ私は自分自身に「本当に結婚がしたいのか?」と問いかける事ができ、そしてその答えは「私にとっての結婚は世間体」であった事にも気付く事が出来たので、ポジティブに考えればこれで良かったのだと思う。

そんなの強がりでしょ?と言われれば、そうなのかもしれない。けれど30代前半の頃に彼と無理やり結婚していたら、今の私はどんな事を考えながら暮らしていただろうと想像すると、きっと「1人になりたい」と愚痴をこぼしていたんじゃないかと思う。

先日初詣に行った男性と会うのは、今回で3度目だった。特に進展は無く、前回同様に楽しい時間を過ごした。

30代前半で結婚を焦っていた頃の私がもし、男性と3度会っても2人の関係に関する話題が出なかったら「この人は私の事をどう思っているんだろう?」と関係をハッキリさせたいが為に、自ら相手に問いかけていたに違いない。というか実際にそうしていた。そして撃沈する。

今回初詣に行った彼が、私に対してどんな事を考えているのか分からないし、今後どうなっていくのかもサッパリ分からないけれど、とりあえず今が楽しいので「ま、いいか」と思っている。

白黒ハッキリさせなければ気が済まなかった私の性格は、失敗を繰り返した事で多少は柔軟になったと思う。結婚を前向きに諦めた事で、恋愛というものをどんな風に楽しめばいいのかが、この歳にしてほんのちょっとだけ分かったような気がしている。

私は恋愛が下手な人間なので、この道が正しいのかどうかは分からないけれど、「楽しむ」事を第一に考えていればいいのかなと。きっとそれでいいのだと思う。

(「結婚を諦めた」と言いながら、婚活サイトを利用しているというのは矛盾があるかもしれないけれど、婚活サイトだからと言ってすべての人が「今すぐ結婚」を望んでいるわけではないので。私も「いつか縁があれば」とは思っている)

関連記事:最近楽しくなってきた恋愛が、あっという間に終わりを迎えた