男性との出会いがあっても、なかなか自分に自信が持てない私

先日、ネット上で知り合った男性と休日の昼間に会って食事をした。ちなみに出会いの場はこのブログではない。婚活サイトだ。私は以前にも、婚活サイトを利用して1人の男性と会った事がある。

前回は相手の方と食事をした時に会話が弾まず、お互いに気まずい時間を過ごしてしまったので、今回は会う前に電話で話してみようと決めていた。

サイト上で1日1~2通程度のメールのやり取りを2週間ほど続けた頃、私から「LINEの無料通話で話してみませんか?」と伝えると、相手の方は快く了承。

翌日、電話をかける約束の時間が近づいてくると、私の心臓は勢い余って口から飛び出るんじゃないかと思うほどドキンドキンと跳ねていた。

そしていざ電話をかけてみると、最初は会話がぎこちなかったものの徐々に弾むようになり、笑いながら1時間ほど話す事が出来た。これなら直接会った時にも、気まずくはならないだろうと思って安心した。

で、会う約束をした当日。電話をかけた時以上の緊張感で、私の顔はいつもに増して能面顔になっていたと思う。けれど、お互いに顔写真を見せていたし、電話で会話もしていたので出会いはスムーズだった。

食事をしてお茶をして、3時間ほど過ごした。相手の方は私の事をどう思ったか分からないけれど、少なくとも私は楽しい時間を過ごす事が出来た。

帰りに「楽しかったです。また来月、お互いの時間を合わせて食事に行きましょう」と言ってもらえたけれど、男性の言葉に対して疑心暗鬼になっている私は「社交辞令かな」と思った。

が、昨日「来月の仕事のシフトがまだ出ていないので、もう少し待ってくださいね」と連絡があったので、社交辞令ではなかったようでホッとした。

ちなみに、相手の方はとても行動的な人らしく、旅行に出かけたり、友人とバーベキューなどを楽しむ事が好きなようだ。そんな点について「私で大丈夫かな?」という不安を少々感じた。

相手の方は私に比べると、とても"まともな人"という印象があった。対岸にいる人という感じがした。私のような"ネクラ"な面は無さそうだし、私の人間関係の狭さを知ったら何て思うだろう…と、また自分に自信が無くなってくる。

いや、けれど。この出会いが上手くいかなかったとしても、私に問題があるわけではない。たまたま、お互いの性格や暮らしが違っていたというだけだ。そう自分に言い聞かせている。私は私のままでいい。…はず。

あと2ヶ月ほどで37歳になる私に、出会いの神様は微笑んでくれるのかどうか…。正直、期待よりも不安の方が大きくなってしまっている。もっとリラックスして、数年ぶりの出会いを楽しまなければと思うのだが…。

本当なら数人と同時にやり取りをして、ダメなら次…ダメなら次…と相手を探していく方が効率も良いし、精神的にも良いのだろうけれど、そういうフットワークの軽さが無いところも「私は恋愛向きじゃないなぁ」と思う。

関連記事:婚活サイトで知り合った男性と2度目の食事に行ってきた話