ストレスも無く穏やかな暮らしと、ぼちぼち恋愛相手探しとか

30代は過ぎるのが早いというのは本当で、私はいつの間に30代を6年も過ごしたのだろう?と思う。けれど、この1年はそれほど早く感じなかったような気がしている。

それは30代の中で一番、様々な事を考えた年だったからだと思う。様々と言っても全て自分の事ではあるが。自分の性格、興味関心、嫌いなもの苦手な事、将来、人間関係、トラウマ、過去…など。それらを考え始めたきっかけは、職場での人間関係のストレスだった。

が、人間関係のストレスも経験しておいて良かったと、開放された今だからこそ思える。それがあったから「考える」という行為にふける事も出来たわけで(もちろん体に害が出ない程度で済んだからそう思えるのだけど)。

いつも1人で暇をしている時間が多い分、頭の中はアレやコレやと考えていて、そういう意味では忙しかった。「悩むのは暇だから」と誰かが言っていて、聞いた瞬間はバカにされたような気がして少々イラッとしたけれど、やはりそれは事実なのだろう。

今日も私は暇をしていて、実際にこの記事はいつも行く喫茶店で、コーヒーを飲みながらスマホを使って書いている。今の私は、暇だけど大きな悩みが無いので幸せ。心が穏やかというのはいい。

さて。

ストレスフリーな生活が始まった私は、これから人生のパートナーを見つける為に重い腰を上げ始めているわけだけど、恋愛をしてしまうと私の穏やかな暮らしが脅かされるのではないか…という心配がある。

正直、付き合うとか初デートをするとか、部屋に上がるとか体に触れるとか、そういった初期段階にしなければいけない行為を私は「楽しみ」だとは思っておらず、むしろ面倒くさいと思っている。

ドキドキするのは楽しいけれど、出来ればそういう事はすっ飛ばして落ち着いた関係になってしまいたいのだが、そんな事は不可能なので、頑張って初期段階を乗り越えなければならない。

しかし、頑張った結果そこで関係が崩壊してしまう可能性もある。そうなった時にまた、暇な私は思考が止まらなくなるであろう事を懸念してしまう。だったら、このまま穏やかな気持ちで老人のように過ごした方が気楽でいいな~と思う。

30代も後半になってくると、こういう思いの独身者も多くなってくるのではないかと思う。ここで行動を起こさなければ、おそらく一生独り。それでもいいとも思う。恋愛を必ずしなければいけないわけではないのだから。

そもそも、考え過ぎる性格の私はあまり恋愛に向いているとは思えない。相手の態度を見て、本音を探ろうとする面もある。「まぁいいや」という風に考えられない私は、気になる事があるとその事で頭がいっぱいになってしまう。

そんな私がパートナーを探すのであれば、あまり心が熱くならない相手の方がいいのかもしれない。"すごく好きな人"や"理想的な人"よりも、"嫌じゃない"と思える男性と仲良くしていく方が、上手くいくのかもしれない。そういう男性を探した方がいいのだろうな。

と、そんな事を心に留めておきながら、ぼちぼちマイペースにパートナー探しをしようと思う。これから、このブログは恋愛のネタも多くなるだろうか…。男性への思いも書きつつ、ぼちぼちブログも続けられたらいいなとも思う。