ストレスフリーにより、ブログに書きたい事が無くなってきた

10月に入り、私のブログへのモチベーションがグッと下がってきている。モチベーションが下がっているというよりも、厳密に言うと心が平和なので吐き出したい事があまり無い。

毎日隣にいた女性の同僚が9月末でいなくなった事により、数年間溜めに溜めていたストレスから一気に開放され、日々を微笑みながら過ごしている。相変わらず表情豊かではないけれど、少なくとも以前ほどの能面感は無い。

ストレスフリーというのはこんなにも良いものなのか…。平日のストレスを解消する為、土日になると過食に走っていたけれど、10月に入ってからは食欲も落ち着いている。

日曜日の昼の時点で、すでに月曜の事を考えて憂鬱になり「行きたくない行きたくない行きたくない。嫌だ仕事が嫌だ。嫌だ嫌だ嫌だ…」とため息ばかりつき、平日よりも日曜日の方が辛いという状態からも抜け出した。

自分の傍に存在している人間関係さえ悪くなければ、こんなにも楽に暮らせるものなんだなとしみじみ実感した。いやそれは「人と少し距離をおいた状態がベスト」という私自身の性格によるものもあるわけだけど。

とにかく、そんなこんなで現在は以前ほどの心の重さは感じておらず。なので、ブログにも特に書きたい事が無い。年末でブログを始めて1年になるのだけれど、それまで続くかどうか…とさえ感じる。

そうは言いながらも基本がネガティブな私なので、そのうちきっと何かのきっかけで「私はダメだ。社会不適合者だ…」と言い出すだろう。

*****

私が自分自身について「性格を変えたい」もしくは「このままの自分でいいのか?」などと考えるのは、36歳という年齢的にまだまだ今後も続いていくだろうと予想しているのだけれど、こういう思考は一体何歳まで続くのだろうか?なんて時々考える。

おそらく40代の人でも、自分に自信が無かったり将来を悲観したりして「私はダメ人間だ!」と考える事はあるだろうけれど、では50代の人はどうだろう?

50代でもそんな風に考えるのか?50代でも「自分を変えたい」だとか「これからもこんな人間のまま生きて行っていいのか?」と考えるのかな?

60代の人はどうだろう?60代というと、もう"老後"直前だ。今の時代の60代はまだまだ人生の終わりという歳ではないけれど、でも少しずつ体の衰えを感じる頃だろう。その頃でも、まだ「ワシは駄目な人間だ…」と思ったりするんだろうか?

お金持ちになりたいとか、イケメンの恋人が欲しいとか、身の程知らずな幸せを望んでいるわけではないけれど、将来はせめて「自分を否定しない人間」には成長したいなと思う。

なんだか話がそれてしまったかな。

*****

今は特に書きたい事が無い。それはきっと私にとっては良い事。どうやらストレスフリーになると頭の中も軽くなるようだ。今後もこんな風に暮らしていく事が出来れば、「自己否定」とか「劣等感」なんて事も考えなくなるのかもしれない…し、ならないかもしれない。